うかる!社労士

  1. ホーム
  2. お知らせ一覧
  3. 平成30年厚生労働白書

平成30年版厚生労働白書について


 2019年7月9日に、平成30年版厚生労働白書が公表・発刊されました。
 通常の発行時期(例年、当該年の9月ごろ)から約10ヶ月遅れで公表・発刊されたことになります。
 発刊日(7月9日)から今年度の社会保険労務士試験日までの期間が1ヶ月強であることを考えると、今年度の試験で出題されてくる可能性はないと思いますが、参考までに、概要等を記載しておきます。

【平成30年版厚生労働白書の概要】
 平成30年版厚生労働白書は、例年通りの2部構成となっていて、第1部が平成30年版のテーマ、第2部が年次行政報告になっています。
 このうち、第1部では、「障害や病気などと向き合い、全ての人が活躍できる社会に」と題し、障害や病気を有する方などに焦点を当て、障害の特性や病状などの事情に応じ、就労や社会参加を通じて自分らしく生きることができる社会の実現に向け、現状や国民の意識、事例の分析を整理しています。そのうえで、全ての人が活躍できる社会の実現に向けた方向性を示しています。
 第2部では、「現下の政策課題への対応」と題し、年次行政報告がまとめられています。第5章が年金制度に関する記述、第7章 第3節及び第4節が医療保険制度及び介護保険制度に関する記述になっています。

 平成30年版厚生労働白書は、厚生労働省のWebサイト内の下記のページで見ることができます。

【平成30年版 厚生労働白書】

 なにかご不明な点等がございますときは、どうぞお問い合わせください。
 引き続き、【うかる!社労士】シリーズをご利用ください。

 合格されますように!

フェニックスアカデミー 富田 朗
フェニックスアカデミー事務局



 【うかる!社労士】シリーズに関するお問い合わせは、下記の【お問い合わせ】よりお願いいたします(クリックすると、お問い合わせのページにジャンプします)。

お問い合わせ

お問い合わせはこちら!